このエントリーをはてなブックマークに追加 

マンションの買い替えでローンを抑えるなら高値で売る

住み慣れたマンションを転勤や家族構成の変化、または新築マンションに住みたいなど、様々な理由で買い替えを検討することもあるでしょう。

 

しかし、高額な買い物であるために、一生で何度も買い替えをする人はそれほど多くないかもしれません。

 

さらに現金で住み替え先のマンションを購入できる人は恐らく少数で、殆どの場合には現在住んでいるマンションの住宅ローンを抱えたまま、買い替え先のマンションを探して購入するのではないでしょうか。

 

買い替えにあたっては今後の支払が可能なマンションを探さなければなりません。

 

住宅ローンの金利動向やローンを組む人の年齢などの状況を考慮したタイミングを考えて、適切な時期に適切な金額のマンションの買い替えを考える必要性があります。それと同時に現在住んでいるマンションの売却についても考えていかなければならないでしょう。

 

 

マンションを売って現在のローンは返済できるか?

無理のない買い替えをするために、最初に確認しておきたいことは現在住んでいるマンションがどれ位の価格で売れるかということです。

 

実際にはマンションの売却先が決まらなくても、買い替えをすることは可能なのですが、精神的に安心感を得たい人は実際に売却してからその資金を利用して買い替えをするのが理想的です。

 

しかしながら、売却後に買い替え先のマンションの購入申込をするというのは大変非効率な場合があります。

 

例えば、新築マンションに買い替えたいと思ったら、入居までにある程度の時間がかかることが想定されますので、その期間は賃貸などに引越ししなければなりません。

 

それらの費用を加味した上で、残りの住宅ローンが全て返済できるのであれば、自宅マンションの売却を確定するとよいでしょう。

 

このように自宅マンションを売却することで現在のローンを完済することができます。

 

一方で、事前に自宅マンションの査定を複数の不動産会社に依頼し、ローンの残債以下の価格でしか売れない可能性が高いと判断されることもあります。

 

その場合、自宅を売却するときにローンの返済が全てできず、借金が残ってしまう可能性がありますので注意が必要です。

 

そのため、買い替えを検討し始めたら、必ず事前に自宅の査定を受けておくと良いでしょう。最初にこの事実を知っておかないと、資金面の計画が狂ってきますので、買い替えがスムーズにいかない可能性があります。

 

 

マンションの買い替えローンは利用できるか?

自宅マンションを売却した金額でローンの残債を全て支払うことができる場合、買い替え先のマンションについては新たに住宅ローンを申込み、新規で金融機関の審査を受けることができます。

 

この場合には買い替えがとてもスムーズです。

 

自宅マンション売却時の価格とローン残債を相殺することができる、まさに買い替えに適したタイミングといえるのではないでしょうか。

 

しかし、全ての人がこのように良いタイミングで買い替えができるとは限りません。

 

自宅マンションの売却活動をしながら、買い替え先のマンションを購入することは現実的にはとても難しいことです。

 

マンションのローンが既に完済しているのであれば可能かもしれませんが、そのような人は決して多くはないと考えられます。

 

そんなときに検討すべき方法があります。銀行などで買い替えローンの審査を経て契約することです。

 

買い替えローンは金融機関が提供するローンですが、通常のローンと違うのは、現在のローン残債分を残したまま、買い替え先のマンションのローンを申し込むことになりますので、2重ローンになります。

 

そのために、通常の住宅ローンよりも審査が厳しい傾向にあります。

 

審査を通るためには、自宅ローンの残債分の一部を貯蓄から支払い、全体のローン借入金額を下げることを銀行から打診されるかもしれません。

 

さらに買い替えローンの支払を主にする人の勤務先や年収などの審査が厳しい場合があります。

 

しかしながら、審査基準を満たせば、買い替えローンは利用できます。

 

 

ローンの返済期間はどれくらいになるか?

ローンの返済期間は申込をする人の年齢や勤務先の勤続年数、年収、住宅ローン残債の有無など複合的な要素で決まりますので、一概にこの年齢だからこれくらいの返済期間になるということはいえません。

 

さらに、申込先の金融機関によっても様々な判断が下されますので、できる限り多くの金融機関に打診したほうがよいかもしれません。

 

通常は年齢が若ければ返済期間を長くとることが可能です。さらに現在の勤務先の勤続年数がある程度あることと、妥当な年収があり、住宅ローンを含め借入がないことが審査に有利になる傾向があります。

 

以上の条件を満たせば、35年ローンで長期返済することも可能でしょう。

 

しかしながら、買い替えを検討している人は、住宅ローンの残債がある、なしで返済期間の条件が変わるかもしれません。

 

さらに、年齢的にも定年までの年数が近づけば、近づくほど返済期間が短く設定される傾向にあります。住宅ローンの返済期間や傾向をある程度加味しながら、買い替えのタイミングを検討することも大切です。

 

 

現在住んでいるマンションの売却額はどれくらい?

マンション買い替えのタイミングは、その時々の家族の希望や様々な生活状況の変化により、その家族や個人で違うものです。

 

できれば、自分たちにとって希望するタイミングで買い替えできれば一番好ましい状況ではありますが、買い替えするときの年齢や住宅ローンの残債、買い替え時の金融機関の借入のしやすさや金利などの条件に左右されるのも事実です。

 

そのため買い替えを将来的にしたいと考え始めたら、総合的に判断して自分たちに合ったタイミングを知っておくことは必要です。

 

事前の準備をすることによって、買い替えがスムーズにいくことも多くあります。

 

事前に把握しておいたほうがよいことは、現在住んでいるマンションの売却額がどれ位になるのかということをまずは知っておくことです。

 

マンション価格はいつも一定ではなく、価格は時期により上下します。

 

そのため、マンションの買い替えを考えているなら、定期的にマンションの査定をしてもらうことが望ましいでしょう。

 

査定する方法としては、不動産仲介会社に依頼が一般的です。

 

地域密着の会社や、大手不動産会社でネットワークがある会社、買取専門の不動産会社、などそれぞれの得意分野が明確な会社に依頼してみるとよいでしょう。

 

しかし、買い替えはまだ先なので不動産会社の人に来てもらうのは少し気が引けるという場合もあるかもしれません。

 

そんなときにはインターネットを介して複数の会社に査定を依頼することができるサービスなどを利用されるとよいでしょう。

 

インターネットの場合には、一度に複数の査定金額を確認できますし、時期を見て定期的に同じ会社に査定依頼することができます。

 

 

まとめ

マンションの買い替えはタイミングが重要です。

 

希望通りに進めるには、事前に調べられるところは時間を惜しまずに解決しておくことが大切です。

 

自宅マンションの売却額がどれ位になるのかを査定してもらうこと、マンションを売却して買い替えをする際の年齢やローン残債がどれ位になるのかを把握するのは最低限知っておきたいですね。

 

売却予定額よりもローン残債が多い可能性があるときには、貯蓄を使って完済できるのか、できないのかも確認しておくとよいでしょう。

 

関連ページ

マンションを売却して新たに購入する時に損しない為に知るべきこと!
マンションの買い替えで住んでいるマンションを売却する時に知っていないことで損する場合があります!ここでは自宅を売って新居を購入する時に抑えておきたいポイントを紹介しています。
マンション買い替え時の中古マンションの選び方!仲介手数料をケチると後悔!?
中古マンションは安いからと気を抜いてはダメですよ!今まで大切に住んでいたマンションを売って引っ越すのですから、簡単に契約せずにたくさんの物件を不動産屋さんに行ってチェックしましょう。