このエントリーをはてなブックマークに追加 

マンション売却の流れ!情報収集から引き渡しまで簡単に紹介

マンションの売却はあまり経験することが無い人が多勢だと思います。

 

いざその必要が生じた際にはちょっとドキドキしてしまいますね。

 

実際のマンションの売却はプロの不動産業者の力を借りてしますからあまり心配は要りませんが、それでも不動産の所有者であるあなたは最終的な責任を負うことにもなるわけですから売却の流れを理解しておく必要があります。

 

今回はマンションの売り手として売却の流れを確認していきましょう。

 

 

まずはプロの業者に査定依頼

 

まずは自分の物件の市場価値が分からなければ売却の準備がスタートしません。

 

 

 

そこで売却を仲介してくれる不動産業者に物件の査定依頼を出します。

 

業者はマンションを査定して「このくらいの額でなら市場で売れるだろう」という見込み額を提示してくれます。

 

これが査定額となり、あなたのマンションの大よその市場価値となります。

 

ポイントは1社、2社だけではなく、できるだけ多くの業者に査定をしてもらうことです。

 

業者によって査定額には開きが出ることがありますが、できるだけ多くの指標を手に入れて、それを平均することでより正確な市場価値が見えてきます。

 

業者によって査定額が異なるのは、業者ごとに得意分野が違ったり、取引事例などの経験値に差があるためです。

 

マンションの売却が得意な業者、一軒家が得意な業者、土地取引が得意な業者など様々ですし、地域的、地理的な有利不利もあります。

 

現在はとても便利な一括査定サイトがありますから、一度の情報入力でその物件を仲介する自信のある複数の業者からアプローチを受けることができます。

 

それら業者に査定額を出してもらうと労せずに自分のマンションの大よその市場価値が分かります。

 

 

仲介を依頼する業者を決めて契約する

 

マンションを査定してもらう段階ではまだどこの業者に実際に仲介を依頼するか決めていませんが、その後で実際に仲介依頼する業者を決めて契約を結ばなければなりません。

 

ですから査定額を出してもらう時にはその会社の担当者をよく観察しましょう。

  • 査定額の数字の根拠をしっかりと説明できるか?
  • 実際に話してみて嫌な感じはしないか?
  • 誠心誠意マンションの売却を進めてくれそうか?
  • 仲介手数料の説明を丁寧にしてくれるか?

などを確かめます。

 

特に手数料の説明はしっかりと聞いておきましょう。

 

売却代金から一定額を手数料として業者に支払わなければなりません。

 

 

仲介を依頼する業者を決めたら仲介契約を締結します。詳細は別の回でお話しますが、選べる契約の種類は複数あるのでどの契約タイプを選択するか決めておかなければなりません。

 

この契約の種類の説明も面倒くさがらずしてくれる担当者であれば良いですね。

 

 

仲介契約後は業者にお任せ

 

仲介契約後は基本的に業者にお任せです。プロの手腕で買い手を探してきてくれます。

 

どんな活動をするのかというと、広告や宣伝を行って世にいる買い手候補に物件の存在を知らせます。

 

不動産のチラシやフリーペーパーなどに物件情報が載っているのを目にしたことがある人も多いでしょう。

 

業者が保有する広告媒体をフルに使って物件の情報を露出して買い手候補に見てもらいます。

 

目にとめた買い手候補は業者に連絡を取って内覧の依頼をしてきます。

 

希望者を物件に案内して良い点などを上手く説明してくれるでしょう。

 

この段階で値引き交渉をしてくるお客さんもいますから、対応できる範囲の譲歩の幅を前もって伝えておけば業者だけで対応できますので面倒がありません。

 

もしその範囲を超えて交渉が必要と判断された場合には個別に担当者から連絡が来ることもあります。

 

 

買い手が見つかったら売買契約を締結

 

実際に買い手が付いた場合はその方とマンションの売買契約を締結します。

 

引渡しの時期など必要事項が記載された契約書に売り手と買い手の双方が署名捺印して契約を締結します。

 

不動産の売買はトラブルが起きやすいですが、プロの業者がそのリスクを可能な限り下げた契約書を作成してくれますから安心です。

 

契約が成立したら売買代金の受領を行います。

 

 

売買代金の受領と登記、そして物件の引き渡し

 

ケースごとに異なりますが、一括で支払いがされる場合や、分割で支払いがされることもあります。

 

いずれにしても残金を全て受領した後で物件の引き渡しをするのが普通ですから、契約一時金などで一部のみ受領している場合には残りの残金を受領します。

 

これをもって物件の所有権を買い手に移す所有権移転登記を行います。

 

その後買い手に物件の引き渡しを行います。

 

引き渡しとはその物件を使用するための一切の道具類の引き渡しです。

 

例えばマンションの鍵や、倉庫などがあればその倉庫のカギなど全てです。

 

マンションであれば管理規約などもあるでしょう。細かいところでは例えば防犯カメラが付いている場合にはその取扱説明書なども含まれます。

 

以上がマンションの売却の流れです。

 

仲介依頼をする業者選びは重要ですから慎重に行いましょう。

関連ページ

マンション売却で得たお金の利益!消費税や確定申告での必要書類や手続き
マンション売却の売買契約でクレームをなくすために契約書類のチェックポイント
マンションの売却では売買契約以外にも各手続きに必要な書類がたくさんあります。ここではマンション売買に関する必要書類をわかりやすくまとめています。
売って終わりじゃない!マンション売却後に必要な手続き
マンションを売却すれば一安心!ではありません。その後のカギの引き渡しや住み替えの場合は、マンションの引き渡しを考えて引越しも必要になります。その他仲介手数料の支払い・確定申告の手続きなど売却後に必要な手続きを紹介します。
売れない!マンションの売却で失敗しないための先手の方法
マンションが売れないとその価値は時間とともに落ちてしまいます。なので早めの売却が期待できない場合は、早めに不動産屋を切り替えるなどの対策が必要になります。こちらでは売却期間が経過するごとへの対策方法を紹介しています。
住んでるマンションを売却する時に印鑑証明など必要書類と手に入れる場所や方法
マンション売却は初めてなのでわからないことだらけ。ここでは売却に必要な書類とどこで入手できるのかまとめていますので、参考にしてください。
相続した共有名義のマンション売却で所有権移転登記などの手続き方法や注意点
相続したマンションを売却するときには、遺産分割協議書や所有権移転登記など手続きが複雑です。またマンションを売りたくても共有状態であればすぐには売ることはできません。ここでは売却時の注意点や手続き方法などを紹介しています。