このエントリーをはてなブックマークに追加 

不動産会社がマンションを売るとき売却額の決め方は?売り出し価格は値下げされる

マンションなどの不動産の売却をする場合は一定の手順を踏んで行いますが、その中では対象マンションの価値を示すいくつかの価格数字が登場します。

 

最終的に買主が支払うことになる金額が売却額になりますが、これが最終的に決まるまでには価格交渉など一定の手順を踏むことになります。

 

マンションを売却する方法自体にも種類がありそれによっても異なりますが、今回は最も多く利用される売買仲介の形で手続きを進める場合を考えてみましょう。

 

売買仲介はマンションを売りたいあなたが依頼人となって、不動産取引市場であなたのマンションを買ってくれる買い手探しを不動産業者に依頼します。

 

不動産屋はプロの経験と手腕を用いて物件を世に露出宣伝し、買い手候補を誘客して内見対応なども行います。

 

買い手が納得したら売り手であるあなたと買い手との売買取引契約を締結して売却が成立するというものです。

 

 

マンションのを売るとき、最初は「売却希望額」から

 

売り手になるあなたはそのマンションを売却する理由があるはずです。

 

単に邪魔だから売ればいいや、ということはあまりないと思います。

 

ほとんどはそのマンションの売却代金をなんらかの使途に用いることが予定されているのではないでしょうか?

 

例えば離婚に伴ってマンションを売り慰謝料の支払いに充てる、売却代金から住宅ローンの残債を弁済し、残ったお金で次の物件を買う、相続税の納税資金に充てるなどです。

 

こうした目的の達成の為には「〇〇万円で売りたい」というラインがあるはずです。

 

これがあなたのマンション売却希望額となります。

 

あるいは単に「思い入れのある家だから〇〇万円以下では売りたくないなあ」というのも売却希望額の最低ラインとなるでしょう。

 

いずれにしても、物件オーナーであるあなたがその物件に対して設定する価値が売却希望額ということです。でもそれは不動産の素人であるあなたの希望であって、市場の価値からどれくらい乖離があるのか分かりません。

 

そこでマンションを売却するにはまず複数の不動産屋に見積もりをお願いして査定額を出してもらう必要があります。

 

 

マンション売却のプロ!不動産屋の目利きで「査定額」が出る

 

不動産屋は取引市場で日々活動しているわけですから、どんなマンションがどれくらいの値段であれば買い手が付くかという予想をすることができます。

 

あなたのマンションはどこにあるのか、官庁街か郊外か、それに対応する客層はどういった類か、その客層が支払える金額はいくらくらいか、物件の築年数は、間取りは、設備の管理状況は、などあらゆる面から物件を調査して「これくらいの値段ならば買い手が付く」という見込み額を算出することができます。

 

このマンションの査定額は不動産屋の得意分野や経験値などから差が出ることがあるので、できるだけ複数の不動産屋にお願いしてマンションの査定額を出してもらいましょう。

 

信頼性が極端に低い査定額は除外してそれ以外の各社の査定額を平均すれば精度の高い市場価値として利用できます。

 

 

実際に買主を探すマンションの売り出し価格

 

この査定額とあなたの売却希望価格をすり合わせて、マンションの売り出し価格が決定されます。

 

いくらで広告に出すのかというのがマンションの売り出し価格ですが、この決定権は最終的にはオーナーであるあなたにあるので、業者の査定額に拘束される必要はありません。

 

しかし市場価値をよく知る業者の意見を無視すると結果として売れ残りとなり、市場価値をガクンと下げてしまうことになりかねません。

 

思い入れのある物件でもオーナーさんはプロを意見を聞いて妥協できる範囲で調整が必要です。

 

 

買い手候補との価格交渉の末に妥結されるのが「売却額」

 

マンションの売り出し価格は広告に掲載される数字ですが、この数字のまま売買契約が締結されることはまずありません。

 

ほぼ100%、お客さんは価格交渉で値下げを要求してきます。

 

これに応じるも応じないも売り手であるあなたの胸三寸ですから、応じずに交渉決裂とすることもできます。

 

しかし現実にはせっかく見つかった買い手候補を逃がすことは売れ残りリスクの面で好ましくなく、幾分かの値下げを受け入れて交渉をまとめ、妥結するのが普通です。

 

買い手候補としては「他にも目ぼしい物件があって悩んでいる、こちらも魅力的だが少し予算をオーバーしている。これくらいまで負けてくれないか」などとしてライバル物件の存在を出して揺さぶりをかけてきます。

 

大事な住居選びですから複数物件を比較するのは当然のことですが、売り手からすれば売れないと困るのは自分なわけですからなんとかマンションを買ってもらいたいのです。

 

そこで冒頭の売却希望額と買い手候補が示す値下げ後の金額を比較して、当初の売却目的が達成させられそうな場合であれば値下げに応じ、妥協の末に最終的な売却額として契約を締結します。

 

もしマンションに高い魅力があって、買い手候補が他にも何人もいる場合には売り手も少し強気に出ることもできるでしょう。

 

「今折衝中の他のお客さんは〇〇万円までなら出してくれるそうなので、お宅様の希望額までは下げられないんですよ」などと牽制することもできます。

 

>>不動産屋によるマンションの査定方法についてはこちら

関連ページ

マンションの売却で赤字!失敗が嫌なら営業マンに負けない相場の調べ方
マンションの査定が市場価格と相応かは、物件の相場を知る必要があります。不動産鑑定士に依頼せずにネットなどを利用すれば無料であなたがマンションを売却した場合の相場を知ることができます。
マンション売却価格はいくら?机上査定から訪問査定の流れとポイント
マンション売却で査定を依頼するには机上査定と訪問査定があります。流れとしては机上査定で複数社に依頼し、対応が良い不動産屋を選定して、訪問査定を依頼するのがおすすめです。
これに注意!マンションを売却するとき不動産屋が査定する手順と評価方法
マンションを売るときには不動産屋が提示した査定が売却希望額の基準になります。できるだけ高い査定を出してもらうには不動産屋が実施する査定のチェックポイントを知っておくことが大切です。