このエントリーをはてなブックマークに追加 

マンションを買い取りで大損したくない!苦労しても売れない問題と売る方法

不動産は売りたい時にすぐに現金化することが難しいので流動資産とは反対の意味の固定資産と呼ばれます。

 

リサイクルショップに不用品を売るようにすぐに現金化ができないのでもどかしい思いをすることも多いです。

 

不動産で売れ残った物件というのはそれだけで印象が悪くなりなおさら買い手が付かない負のスパイラルに陥ることも多いので注意が必要です。

 

またマンションなど建物の場合は土地と違って経年劣化があるので尚更不利になります。

 

人が住んでいない場合は特に短期間で劣化が進むので売れ残りのリスクは土地よりもはるかに大きいのです。

 

ですからマンションの場合は一旦売ると決めたらできるだけ短期間に売り抜けることが基本となります。

 

売れない期間をできるだけ短くする必要がありますが、実際には思ったように買い手候補の反応がなく、売買契約までたどり着けないこともあります。

 

マンションが売れない場合はその原因の特定と適切な対処が求められます。

 

今回はマンション売却の際に買い手がなかなかつかない場合の原因と、その対処法について見ていきましょう。

 

 

マンションが売れない原因1:値段設定

 

あなたのマンションを売りに出す時には不動産業者に依頼して査定額を出してもらいます。

 

これを参考に、売り主であるあなたの責任で実際の売却価格を提示して広告を出すことになります。

 

不動産業者が出してくれる査定額は複数社から見積もりをとった場合は比較的正確になりますが、2,3社からしか見積もりを取っていない場合は相場とずれが生じてしまい、売却提示額も相場より高くなってしまっている可能性があります。

 

また売り主のサガと言いましょうか、どうしてもマンションはかわいい我が子ですから、できるだけ高く売りたいために色々理由をつけて高値に設定してしまうこともあるでしょう。

 

こうして値段設定にミスが起きると周辺の類似のライバル物件に比して金額的メリットがなくなるので買い手が付きにくくなってしまいます。

 

見込み客からの相談や問い合わせ自体はあるものの、口頭での値下げ可能幅を聞くだけで内見の申し込みに進まない場合は値段が高すぎる可能性があります。

 

仲介依頼した不動産業者と相談して、周辺のライバル物件の値段を調査するなどして価格の再設定を検討する必要があるかも知れません。

 

 

マンションが売れない理由2:物件自体が悪い

 

内見の依頼は来るが契約まで結びつかないという場合は物件自体に問題がある可能性があります。

 

マンションは自分が生活する空間ですからできるだけ快適に過ごしたいのは皆同じです。

 

いくら価格が安くても「こんなところに住むのは嫌だ」と思われてしまったら買ってくれませんね。

 

ですから買い手にできるだけよく見せようという工夫が求められます。

 

マンションは外装を気にする必要がないのであとは専有空間である室内を気にすれば良いのですが、「できる限り清潔に・明るく」が鉄則です。

 

荷物はすべて運びだし、空間をできるだけ広く見せること。そしてカーテンなどはすべてはずし窓を遮るものもすべて外して日光を入れることです。

 

内覧時には全ての電気を付けておけるようにしておきましょう。

 

またできるだけ明るい時間帯に内見を案内する工夫も必要です。

 

宣伝を開始する前には必ずクリーニングを入れておきましょう。

 

室内に入った瞬間に誇り臭い部屋にはまず買い手がつきません。見込み客はその物件に価値を見出すどころか、「自分は軽く扱われた」「本当に買って欲しいと思っているのか」と怒りすら覚えるでしょう。

 

ですからぜひクリーニングは入れておくべきです。

 

リフォームの必要性についてはケースバイケースです。

 

破れた壁紙の張り替え程度であれば良いですが、多くの場合買い手が付く前の大規模なリフォームは良い結果を生みませんので慎重にするべきです。

 

 

 

マンションが売れない理由3:業者の力不足

 

問合せ自体が少ないのであれば残念ながら不動産業者の力不足であることもあります。

 

不動産業者にも得手不得手があり、一戸建ての仲介が得意な業者、土地の扱いが上手い業者など様々です。

 

マンションの売却仲介経験があまりない業者の場合はノウハウ、経験値不足で値段設定をミスしたり、宣伝の仕方がまずかったりと上手くやれないこともあります。

 

この点、特に一般媒介契約の場合はもともと業者のやる気を引き出しにくい契約タイプであるため、積極的に販促展開してくれていない可能性もあります。

 

業者の信頼性に問題がないのであれば専任媒介もしくは専属専任媒介契約を検討しても良いでしょう。

 

こちらは報告義務がありますからどのように販促展開したか報告を受けることができます。

 

報告を精査して改善できそうな点があれば指摘してみましょう。

 

もし業者側がそれに良い顔をしなかったり、十分な改善を期待できない場合は他社を検討するのが無難です。

 

>>マンションが売れないときの値下げ交渉について

関連ページ

マンションの高値売却で成功する一括査定のメリットや利用時の問題点
マンションを売却するのに多くの方が利用している不動産の一括査定。実際に利用すると便利なことがわかりますが、デメリットはないのでしょうか?こちらでは一括査定サービスのメリット・デメリットを紹介します。
強気でマンションを売却するには!時期と築年数で高値で売るベストなタイミング
マンションの売却で築年数10年が査定の基準になりますが、メンテナンスが良ければ十分高値で売れることもあります。また売るタイミングによっても、売れやすさや売却額も変わってきます。但し、税金を考えた場合売り急ぐと損する場合もあります。
いつになっても売り出し価格でマンションが売れず!損しない為の値下げ交渉術
マンションを売却に出しても買主が高いと思えば売れることはありません。値下げする時期は3ヶ月が目安とされていますが、実際にはその時の状況によって変わってきます。
マンション売却で部屋や水道周りのハウスクリーニングに費用を出しても高く売れない!
マンションをより高く売却できるようにとハウスクリーニングを検討している人もいますが、売却額を上げることは難しいです。ハウスクリーニングは、内覧を成功させるために買主に好印象を与えるためのものと思ってください。
居住中のマンション売却で少ない件数でも内覧・内見を成功する4つのポイント
マンション売却を成功させるには内覧で買い手に好印象を持ってもらうことです。コツはいくつかありますが、ここでは効果の高い4つのポイントを紹介します。
マンションの買替えが前提で苦労せずに売却する時の注意点とは
マンションを売って住み替える時には、買い先行と売り先行の選択肢がありますが、2重ローン等を考慮するとマンションを売ってから新居を購入する売り先行が安全です。
マンション売却の必要書類など相談できる司法書士の役割や費用とは
マンション売却で必要書類の準備や売買契約時の手続き等を考えた場合、司法書士に依頼するのが安心です。司法書士は現場調査も含め高く見積もって5万円ほどで依頼できます。