このエントリーをはてなブックマークに追加 

マンション売却の内覧を成功するコツ!効果のある4つのポイント

マンションの売却は買い手候補に実際に物件を見てもらう必要があります。

 

投資用物件として投資家が購入する場合内覧をしないこともごく稀にありますが、通常はまず間違いなく買い手候補が実際に物件を見に来ます。

 

せっかく仲介業者が広告宣伝をして興味を持ってくれた見込み客が来てくれるのですから、できるだけ好印象を与えて成約につなげたいところですね。

 

今回は見込み客の内覧対策として、清掃の仕方や魅力的に見せるコツなどをお教えします。

 

 

内覧対策の基本は「綺麗に」「明るく」「広く」

 

あなたのマンションを見込み客により魅力的に見せるための基本は「より綺麗に」「より明るく」「より広く」です。

 

綺麗にするというのは清潔にするということですが、売りに出す際には事前に清掃を行い、必要に応じてハウスクリーニングを入れているはずです。

 

もし自分での清掃もしていない場合は早急に行ってください。不動産業者が見逃すことはないと思いますが、素人でも行える程度の清掃をしていない物件は第一印象で拒否されることになるでしょう。

 

ゴミやほこりの除去はもちろん自分では気にならないような壁の小さなシミなども消しておく必要があります。

 

お風呂などの水回りやキッチンなどは素人では対処が難しい頑固な汚れが残りやすいので、自分で対処できない場合はハウスクリーニング業者を活用しましょう。

 

より明るく見せることは少しテクニックが必要になります。

 

まず、基本的にはカーテンなど窓から入る射光を遮るものは全て外しておくことです。

 

照明器具については内覧時に全ての照明をONにできるように準備しておきます。

 

お客さんがマンション内にいる間は別の部屋や玄関、お風呂、トイレ含めて全ての照明を付けておきます。電気代などを気にしてはいけません。

 

そして、内覧の案内はお客さんとオーナー(あるいは不動産業者)が希望日時をすり合わせて日程を定めますが、天気予報を見てできるだけ晴れた日に案内するのがベターです。

 

さらに太陽の日が入る日中がベストです。例え太陽が明るくてもマンション内の照明は全てONにしておくのは必須ですから忘れずに。

 

次に、より広く見せるために全ての荷物は運びだしておきます。

 

備え付け家具のプレゼントなどがある場合は別ですが、多くの場合他人が使った家具はあまり喜ばれません。

 

絶対に喜ばれる自信のある家具でなければ運び出してリサイクルにでも売った方が良いでしょう。

 

家具・漆器・カーテン類に至るまで全ての備品を運び出して、マンション内には無いもない状態にしておくのが基本です。

 

 

内覧日時に合わせた直前対策でより有効に

 

内覧の予定日時は事前に擦り合わせるので、それに合わせて直前に行っておくと良いことを見ていきます。

 

マンションの売却は通常3か月のスパンを見て行いますが、内覧日の前日あるいは直前には窓を解放して換気を行いましょう。

 

人が住まない締め切った部屋は湿気がこもるためかび臭くなりやすいのでできるだけこまめに換気するのが効果的ですが、手間の面も考えて少なくとも内覧の直前には実施しておきたいものです。

 

またスリッパの用意も忘れないようにしましょう。案内時に都度お客さん用の物を持参しても良いですし、汚れなければ備え付けておいても良いでしょう。

 

 

マンションの魅力を上げる小道具も

 

オーナーの気配り、心配りを示すことで物件を魅力的に見せることもできます。

 

センスが問われるので実施するかどうかはオーナさんや不動産業者の担当者の判断になりますが、玄関先やキッチンのシンク台などに小道具を用意しておくという工夫もできます。

 

例えば小さな花瓶に一輪の花を飾っておく、玄関先にお菓子などを飾った籠を用意しておくなどです。お菓子などは成約者用ということで基本的には内覧者にはプレゼントしませんが、場合によっては「せっかく足を運んでくださったので宜しければお持ち帰りください」などとプレゼントしても良いでしょう。

 

お菓子は駄菓子や安価なお菓子の詰め合わせで事足りるので一回100円程度の出費で済みますから、見込み客の心理面に与える好印象を演出する費用としては安いものです。

 

こういった小道具は前述の「より広く」見せるために全ての物品を運び出しておくことの原則に反しますが、場合によってはこういった演出プレイは効果があります。

 

ただし、飾りつけや見せ方は本当にセンスですので、自信の無い場合はやらない方が賢明です。

 

 

内覧当日の対応

 

内覧当日は見込み客と一緒に物件内に入り説明などを行いますが、いやらしい営業トークにならないように注意しましょう。

 

マンションを買ってほしくてつい良いところばかりまくし立てるとお客さんが引いてしまいます。

 

各部屋に入りながら簡単な説明を行った後はお客さんの自由に任せて、あとは質問に答えるくらいのやり取りで結構です。

 

基本的に部屋には何もない状態ですから見た目が全てですので、室内に関する質問はそれほど多くは無いでしょうが、周辺環境などを訪ねられることがありますから承知している範囲で正直に答えておくと良いでしょう。

 

>>マンションが売れない場合の値下げのタイミングは?

関連ページ

マンションを買い取りで大損したくない!苦労しても売れない問題と売る方法
マンションを売りに出したがまったく売れない。マンションが売れない理由とそれでも売るための対処方法について紹介します。
マンション売却の一括査定の仕組みとメリットとデメリット
マンションを売却するのに多くの方が利用している不動産の一括査定。実際に利用すると便利なことがわかりますが、デメリットはないのでしょうか?こちらでは一括査定サービスのメリット・デメリットを紹介します。
マンションの売却時期と築年数から高値で売れるベストなタイミング
マンションの売却で築年数10年が査定の基準になりますが、メンテナンスが良ければ十分高値で売れることもあります。また売るタイミングによっても、売れやすさや売却額も変わってきます。但し、税金を考えた場合売り急ぐと損する場合もあります。
いつになっても売り出し価格でマンションが売れず!損しない為の値下げ交渉術
マンションを売却に出しても買主が高いと思えば売れることはありません。値下げする時期は3ヶ月が目安とされていますが、実際にはその時の状況によって変わってきます。
マンションを売却して買い替える時の注意点とは
マンションを売って住み替える時には、買い先行と売り先行の選択肢がありますが、2重ローン等を考慮するとマンションを売ってから新居を購入する売り先行が安全です。
マンションンを売却するときの司法書士の役割と費用は?
マンション売却で必要書類の準備や売買契約時の手続き等を考えた場合、司法書士に依頼するのが安心です。司法書士は現場調査も含め高く見積もって5万円ほどで依頼できます。