このエントリーをはてなブックマークに追加 

マンション売却の一括査定の仕組みとメリットとデメリット

マンションなどの不動産は買う時にも不動産業者を頼って購入するのが普通ですが、マンションを売却する時にも不動産屋の助力が必要になります。

 

恐らく購入する時には自分のお気に入りの物件を紹介する業者を個別に訪問し話を詰めていったと思いますが、売却の際はちょっと勝手が違います。

 

地元業者などに個別に相談してももちろん構わないのですが、はたしてどこに相談すれば良いでしょうか?

 

より高く・より早く・より安全にマンションを売却を進めてくれる不動産会社が希望なわけですから、どこがその要望に応えられるかというのは一般素人では分かりませんよね。

 

加えて、地元の不動産業者というのは実は数がかなり多く、そしてそれぞれは皆中小零細事業者であることがほとんどです。

 

すなわち、これら中小零細業者の中からどうやって効率的にこちらの要望を満たす業者を見つけるかということが課題になります。

 

個別に話を聞いていたのではとても時間が足りません。そこでマンションの売却で利用必須となるのが一括査定サイトです。

 

 

マンション売却の一括査定サイトの仕組みとメリット

 

マンションオーナーが個別の業者に話を持ちかけるのではなく、インターネットのサイト上であなたのマンションの情報を登録しておき、この情報を不動産会社側で閲覧し、マンションの売却が可能という不動産会社側からあなたにアプローチしてくるのが一括査定サイトの仕組みです。

 

あなたはたった一回の情報入力で、有望な複数の業者に一度に話を持ちかけているのと同じ状態を作ることができます。

 

車の売却も一括査定サイトが活躍していますが、車も「より高く」売れる業者を選別するのに利用されています。

 

不動産分野でも今ではこういったサイトを利用するのが一般的になっています。

 

例えば10社に個別に訪問して、その都度物件情報を説明していては手間がかかってしたかありませんが、これを一度に省略できます。

 

そして「我こそは」と思った業者から連絡が来るのを待てばよいのでとても楽ちんです。

 

その物件の売却を仲介するには地理的な関係で地元業者が強い場合が多いですが、あなたの足で歩いて回らなくても、自然に地元業者から査定を貰うことができます。

 

マンションの売却は見込み客から内見希望が入った時にはそのマンションを案内して回らなければなりませんから、地元に営業所がない業者は参加が難しくなります。

 

あなたが情報入力の際に物件の所在地を入力することになるので、その周辺の業者に対してシステムから査定依頼のお知らせが入る仕組みになっています。

 

また不動産業者にも得手不得手があるので、マンション売却があまり得意でない不動産会社も結構います。

 

歩いて回ればこういった業者にも当たりますから時間的ロスになりますがマンションの一括査定サイトならば不得手な不動産会社は返信をしてこないか、不得手であることを表すような査定額を提示してきますので自然と対象から外すことができます。

 

そしてこの査定は無料で提示してもらえますから、マンションの市場価値をタダで把握することができます。

 

業者によって査定額は開きが出ることがありますが、だからこそできるだけ多くの業者に査定を出してもらい、これを平均して信頼性のある市場価値の判断に役立てる必要があります。

 

業者を個別訪問する方法ではその数の業者を回っているだけでかなりの期間を要しますから現実的ではありませんね。

 

 

マンション売却で一括査定サイトを利用したデメリットは

 

上述のように一括査定サイトはメリットが非常に大きいので、昨今ではこれを利用するのがごく当たり前となっていますが、若干のデメリットとなりえる要素もあります。

 

査定依頼をしているわけですから、その結果報告を待つことになりますが、結果報告の方法はそのサイトによって異なります。

 

多くは電話やメールなどでの報告ですが、その際には営業的に働きかけてくる業者もいるかもしれません。

 

結局はマンションの売却を仲介してその手数料をもらいたいというごく普通の企業的行動なわけですが、利用者は複数業者に対してアプローチしているため、その結果報告も接近した同時期に複数社から受け取ることになります。

 

一気に連絡が殺到するとちょっと面喰ってしまう可能性もないわけではありません。

 

この時に営業的な話をされると鬱陶しく感じてしまうのは仕方がないことかもしれませんね。

 

利用者の立場としては「今は複数社から査定を頂いている段階なので、必要があれば御社にこちらから相談したいと思います」という態度で臨めば問題ありません。

 

こういった結果報告への対処は電話の場合はより手間がかかるのでデメリットとして大きくなりますが、メールであればそれほど手間ではないと思います。

 

また物件情報を入力する時にその住所を入力しますが、あなたが現住のマンションである場合には住所を知られるということになります。

 

許可もなくいきなり訪問してくることはありませんが、気分的な面で個人情報を入力するという負担が生じる人もいます。

 

>>マンションを売却するなら一括査定がおすすめ

関連ページ

マンションを買い取りで大損したくない!苦労しても売れない問題と売る方法
マンションを売りに出したがまったく売れない。マンションが売れない理由とそれでも売るための対処方法について紹介します。
マンションの売却時期と築年数から高値で売れるベストなタイミング
マンションの売却で築年数10年が査定の基準になりますが、メンテナンスが良ければ十分高値で売れることもあります。また売るタイミングによっても、売れやすさや売却額も変わってきます。但し、税金を考えた場合売り急ぐと損する場合もあります。
いつになっても売り出し価格でマンションが売れず!損しない為の値下げ交渉術
マンションを売却に出しても買主が高いと思えば売れることはありません。値下げする時期は3ヶ月が目安とされていますが、実際にはその時の状況によって変わってきます。
マンション売却でハウスクリーニングをしても高くは売れない!
マンションをより高く売却できるようにとハウスクリーニングを検討している人もいますが、売却額を上げることは難しいです。ハウスクリーニングは、内覧を成功させるために買主に好印象を与えるためのものと思ってください。
マンション売却の内覧を成功するコツ!効果のある4つのポイント
マンション売却を成功させるには内覧で買い手に好印象を持ってもらうことです。コツはいくつかありますが、ここでは効果の高い4つのポイントを紹介します。
マンションを売却して買い替える時の注意点とは
マンションを売って住み替える時には、買い先行と売り先行の選択肢がありますが、2重ローン等を考慮するとマンションを売ってから新居を購入する売り先行が安全です。
マンションンを売却するときの司法書士の役割と費用は?
マンション売却で必要書類の準備や売買契約時の手続き等を考えた場合、司法書士に依頼するのが安心です。司法書士は現場調査も含め高く見積もって5万円ほどで依頼できます。