このエントリーをはてなブックマークに追加 

マンション売却のコツ記事一覧

不動産は売りたい時にすぐに現金化することが難しいので流動資産とは反対の意味の固定資産と呼ばれます。リサイクルショップに不用品を売るようにすぐに現金化ができないのでもどかしい思いをすることも多いです。不動産で売れ残った物件というのはそれだけで印象が悪くなりなおさら買い手が付かない負のスパイラルに陥ることも多いので注意が必要です。またマンションなど建物の場合は土地と違って経年劣化があるので尚更不利にな...

マンションなどの不動産は買う時にも不動産業者を頼って購入するのが普通ですが、マンションを売却する時にも不動産屋の助力が必要になります。恐らく購入する時には自分のお気に入りの物件を紹介する業者を個別に訪問し話を詰めていったと思いますが、売却の際はちょっと勝手が違います。地元業者などに個別に相談してももちろん構わないのですが、はたしてどこに相談すれば良いでしょうか?より高く・より早く・より安全にマンシ...

マンションを売ろうかと考えいるあなた、できるだけ高く売りたいですよね。あなたはマンションを売却して、また新たな住居を購入しますか?その時の物件の選定基準は何でしょうか?職場から近い、綺麗で清潔、落ち着いた自然環境など好みはあると思いますが、物件その物は築浅で新しい方が良いですよね。値段にもよりますが、同じ値段であれば新しい方が良いに決まっています。これはあなたがマンションを売る時にも同じことが言え...

普段、物やサービスを売るという行為をしない人にとってはマンションの売却は一大イベントです。中古品をリサイクルショップに売るのとはわけが違います。最初の売り出し価格の設定から見込み客との交渉など、情報収集能力や妥協・決断が必要になるので精神的にストレスがかかりますね。不動産の売却はオーナーさんの希望よりも不動産業者が示す指標である査定額の方が低いこともあり、これだけでもガックリですがまず間違いなく見...

マンションの売却は買い手候補に実際に物件を見てもらう必要があります。投資用物件として投資家が購入する場合内覧をしないこともごく稀にありますが、通常はまず間違いなく買い手候補が実際に物件を見に来ます。せっかく仲介業者が広告宣伝をして興味を持ってくれた見込み客が来てくれるのですから、できるだけ好印象を与えて成約につなげたいところですね。今回は見込み客の内覧対策として、清掃の仕方や魅力的に見せるコツなど...

保有するマンションを売却する動機は人それぞれですが、家族が増えて今のマンションが手狭になったので新しいマンションに買い替えようという場合は単なる売却よりもすこし難しい面が出てきます。旧住居を売って新たなマンション等を買うという一見単純な作業でも、実際には引っ越しなど人の動きが関わってくるためにタイミングの面で失敗すると出費が増えてしまうことがあります。また旧住居の売却代金を新住居の購入資金として考...

マンションなど不動産の売買取引には不動産業者の他にも一定の専門家が関与することがあります。土地の取引では測量などのために土地家屋調査士が入ることがありますし、相続や複数人の権利関係が衝突した事案などでは厳密な不動産の価値判断が必要になるため不動産鑑定士の力が必要になることがあります。多くの場合、上記の専門家よりもマンションの売却で頻繁に利用されるのが司法書士ですが、彼らの本当の役割をご存知でしょう...