このエントリーをはてなブックマークに追加 

後悔しない為にマンションの売却と買取の違い!買取業者は最短で売れるが損失がデカい

マンションなど不動産を売却するのは車などを売るのとは少し手続き構造が異なります。

 

車の場合は中古車買取業者など、不動産の場合は不動産屋ということで業者を利用するのは同じですが、車の場合はその業者が直接買い取りますよね。

 

しかしマンションなど不動産の場合は「売却」というと通常は売却の仲介を意味します。

 

つまり業者が直接買い取るのではなくて、市場で別の買い手を見つける手伝いをするということです。

 

買い手は個人の場合もありますし、不動産業者であることもあります。

 

不動産の場合は車と違って業者も専門が細分化していて、不動産の売却仲介が得意な業者、自ら賃貸経営などをしてインカムゲインを得るのが得意な業者、不動産を買い取って他者に売りキャピタルゲインを得るのが得意な業者、土地付き物件を買い取って大規模開発を行って不動産の価値を上げるのが得意な業者など様々です。

 

それぞれの分野は必要とされるノウハウが異なりますし、経験の差がその事業の成功を握ります。

 

ですから我々がマンションなどを売却しようという場合は売却の仲介を得意とする不動産屋に市場での買い手探しをお願いすることになります。

 

しかし場合によっては買い取りをしている業者に直接マンションを買い取ってもらうことも可能ではあります。

 

今回はマンションを不動産屋に直接買い取ってもらうことのメリットやデメリットを見ていきます。

 

 

買取業者を利用することのメリットは

 

市場でマンションの買い手を探す仲介の場合はすぐに買い手がみつかあるわけではありません。

 

まずは広告を出して世に物件の存在を知らしめ、これを見た見込み客が連絡をし、内覧を行って気に入れば条件交渉をしてやっと売却することができます。

 

売却までには少なくとも3か月は必要になると考えておいた方が良いでしょう。

 

しかしすぐに物件を売って資金を得たい事情がある場合にはそんな余裕はありません。

 

この点業者の直接買い取りならばすぐに現金化が可能なので、急ぎの場合には便利です。

 

広告を出さないことは秘密裏に売却することができるメリットにもなります。

 

広告を出して内覧希望者を案内していれば周囲には必ず知られてしまいます。

 

気にならなければ良いのですが「あそこのおうち離婚かしら?」などと変な勘繰りをされることが嫌な人は多いですね。

 

直接、マンションの買い取りならばこういった作業が入らないので周囲に気づかれる心配がありません。

 

また市場の見込み客に良く見せようとする必要がないので、リフォームや補修をする必要もなく、その分の費用を削減することができます。

 

 

 

直接買い取りのデメリットは?

 

マンションを直接買い取りしてもらうことの大きなデメリットは、売却金額が市場価値よりも大きく下がってしまうことです。

 

およそ相場より20%〜30%近く安く買われてしまいます。

 

というのも買い取った業者も利益を上げなければなりませんから、「安く買って高く売る」の基本に従って安く買い取らなければ利益が出ません。

 

転売でない場合でも、リフォームを施して賃貸経営をする場合は利回りなど諸条件をシミュレーションしたうえで確実に利益が出るようにできるだけ安く買うのは当然です。

 

従って売り手となるあなたは市場で売れば本来得られるはずであった相場の20%〜30%分の金額を損することになります。

 

特段売り急ぐ必要がないのにこれだけの損失を認めるのは難しいでしょうから、特段の事情がなければ直接買い取りよりも仲介で売却するのが有利なのです。

 

 

どういった物件が直接買い取りに向いている?

 

上述のように特段の事情がなければ直接買い取りの方が不利になってしまいますが、ケースによってはマンションンの直接買い取りの方が有利になることもあります。

 

先ほどの売り急ぐ事情がある場合もそうですし、他にも例えば市場で売れにくい物件の場合は買い手探しに時間がかかり、そのためどんどんと物件の価値が下がっていってしまうリスクがあります。

 

築年数が古く市場であまり魅力がない、あまり需要が見込めない立地条件である等の場合は時間ばかりかかって買い手が付かず、売れ残り物件になってしまうこともあります。

 

最初からそれが分かっている場合は初めから買い取りの選択をする方が良いこともありますし、一定期間売りに出して買い手が付かない場合には直接買い取りに切り替えることも可能です。

 

築年数で不利な場合の他、長期間使用していないために劣化が激しく、そのままでは売りに出すことも難しい場合はリフォームが必要になることもあるでしょう。

 

この費用もばかになりませんが、直接買い取りならば業者はどうせ自分たちで都合の良いようにマンションを改修するので買取ってもらうマンションのリフォームは不要になります。

 

他に売れにくいマンションに事故物件がありますが、業者は自分で住むのではないので心理的な負担はありません。

 

事件や事故があったことを感じさせないように綺麗に作り変えて不動産としての価値を創造してくれるでしょう。

 

>>マンションを高く売るならこちら

関連ページ

マンション売却は仲介業者との媒介契約方法で売れる期間に差が出る
マンション売却は個人売買しない限り、不動産屋と媒介契約を結ぶ必要があります。この契約には3種類ありそれぞれメリット・デメリットがあります。また一番影響するのが売れる期間です。
マンション売却で早く儲けを出して損しないために!おすすめの4つの方法
マンションを売却するには通常の売り方と理由があって、希望が通らない出来れば避けたい売却方法があります。それぞれメリットデメリットがあり、マンションを売る理由によって、どの方法を選ぶかは変わってきます。
転勤になった時自宅のマンションは売却か賃貸か?サラリーマンは売却がおすすめ
急な転勤などで住んでいたマンションを手放すことになった場合、売却と賃貸の方法がありますが、それぞれにメリット・デメリットがあります。もしサラリーマンであれば、住んでいたマンションは売却するのが安全です。